首いぼの原因と対策方法について考えてみる

首イボの原因と対策
子供の頃は全然なかったのに、大人になって気がついたらいつの間にか首のまわりにぶつぶつが出来ている、なんて事がよくあるのがいわゆる「首いぼ」。特に痛いわけでも痒みがあったりするわけではないのですが、見た目も良くないし、何で出来てしまったのか、ちょっと気になるなぁという人も多いはず。そんな首いぼについてまとめました。

首いぼは大きさによって呼び方が違い、2mmから3mm程度のものをアクロコルドン、1mm程度のものを軟性線維腫、それよりも大きいものを懸垂性線維腫といいます。首いぼはいわゆる皮膚の良性腫瘍で、ウイルス等による感染症であるケースは少なく、特に害自体はありません。

発生する原因としては主には加齢による老化と考えられており、皮膚が服やネックレスのような装飾品にこすれて摩擦していることが直接の原因となったり、紫外線を多く浴びることによって肌が痛んでしまい、その結果として首いぼが出来るようになることが多いようです。また、偏った食生活により肥満傾向のある方や、過大なストレスによって体のバランスが崩れたりすると皮膚の代謝機能が低下し、首いぼの発生につながると考えられています。

首いぼの治療方法は内服薬を服用して免疫能力を高める方法、レーザー治療でいぼを焼きとってしまう方法、液体窒素を用いていぼを固めてかさぶたにして自然に取れるようにする方法などがあります。液体窒素の方法は保険が適用されるため、比較的安くいぼを取ることが出来る反面、痕が残る可能性があり、見た目を気にする方は注意が必要です。

レーザー治療は液体窒素の方法よりは値段がかかりますが、痛みも小さく、見た目も比較的綺麗にできるほか、いぼを丸ごと削ってしまうので再発防止にも効果が期待できるため、人気の高い治療方法です。お金をかけたくない方はハサミで切り取ったり、ピンセットでつまみとってしまう方法もありますが、自分でやると危険ですし、ばい菌等が入り込んでしまう可能性がありますので自宅ではなく、必ず皮膚科等で受診して取ってもらうようにしてください。パターンに合わせた治療法紹介【首イボの原因や治療【ヨクイニン】なら

上記のように、基本的に害のない首いぼですが、中には良性の首いぼでなく、皮膚がんのように悪性腫瘍であるケースもあります。この場合はいぼが大きくなりすぎたり、痛みがあったり、出血するといった症状が発生します。もし、皮膚に異常を感じた場合は自分で判断せずに、速やかに病院で診察してもらいましょう。