誰でも美味しく飲めちゃう!?青汁とブレンドするのにベストな飲み物

Posted by

青汁は今ではだいぶ美味しくなりましたが、それでも「あの独特の苦みがどうしてもイヤ」という方はいらっしゃることだろうと思います。

もしあなたが青汁嫌いの人であれば、それでも健康のために青汁を飲みたいと思うのであれば、青汁を何かとブレンドすることを考えてみてはいかがでしょうか。

「青汁を美味しく飲みたい」
「少しでも味をマシにしたい」

そのような方々に向けて、本記事では青汁の美味しい飲み方、苦みを感じにくい飲み方をご紹介したいと思います。

青汁を美味しくする方法とは?

牛乳とブレンド

最もオーソドックスな方法がこれです。牛乳に青汁を溶かして、抹茶ミルクならぬ青汁ミルクを作ってみてはいかがでしょうか。

それだけではちょっと美味しくないという方は、オリゴ糖などを混ぜてみるのもよいでしょう。このようにして、美味しく飲める方法を探すのはすごく楽しいことです。

次はどんな方法を試してみようかと、わくわくしますよね。飲むのが楽しくなれば、きっと長く続けていけるはずですよ。

ヨーグルトで包んじゃう

青汁をヨーグルトで包んじゃう。これは究極の方法といってよいのではないでしょうか。

粉末状の青汁をヨーグルトで包み、つるんと飲み込んでしまう。こうすれば、青汁の苦味、臭みをまったく感じることなく、青汁を飲むことができるのです。

まったく同じことがゼリーでも可能です。あの薬を服用するときに使うゼリーみたいに、青汁を包んで飲み込んでしまいましょう。こうすれば誰だって青汁を飲めるはずです。

まあ、普通にヨーグルトに混ぜても美味しいんですけれどね。

青汁ハイで大人の時間

お酒と混ぜて飲むのも良いと思います。青汁7に対し、焼酎は3くらいの割合で混ぜ合わせ、眠る前にひとつ大人の時間を堪能してみてはいかがでしょう。

音楽なんかを掛けながら飲めば、体の芯からリラックスできるはずです。作るときのポイントは、大麦若葉の使われている、お茶っぽい味の青汁をベースにすることです。まるで緑茶ハイのような、抹茶ハイのような味になります。

フルーツやハチミツの味が混ざっていると、お酒との相性はどうかなーという感じですので、まじりっけのない味の青汁を使うとよいでしょう。

水が一番!?

むしろ、水に溶かすのが一番おいしかったりもします。なぜなら、今存在する青汁のほとんどが、水に溶かすことを前提に製作されているからです。

水に溶かしたときにどんな味になるか、どうすれば美味しいか、研究しつくした結果が、今ある商品の数々ですので、いきなりミルクやお酒と混ぜるのではなく、まずはお水で飲んでみることをおすすめいたします。

あるいはお湯に溶かしてお茶のように飲むのよいでしょう。

まとめ

以上、青汁を美味しく飲む方法をご紹介いたしました。

青汁はミルクやお酒と混ぜることで美味しく飲めますし、自分の好きな飲み方を探すのは楽しいのですが、まずは1杯、お水またはお湯に溶かして飲んでみることをおすすめいたします。

関連サイト情報→人気のフルーツ青汁はコチラ