苦みや青臭さが嫌な人でも飲める!青汁の美味しい飲み方を大紹介!

Posted by

青汁のおすすめの飲み方は?

ひと昔前までは、青汁は美味しくない飲み物でありましたが、最近では、むしろ美味しく、かつ健康的な飲み物として、多くの人々に愛飲されるようになってきています。

はちみつ風味やレモン風味、抹茶風の味など、様々な味がありますが、これらを他の食品、飲み物にまぜることで、さらに美味しく青汁を飲むことが可能です。この記事では、おすすめの青汁の飲み方をご紹介しますので、興味のある方はぜひ試してみてください。

ヨーグルトに混ぜる

青汁は、美味しくなったとはいえ、後味には青汁特有の苦み、青臭さが若干残ります。苦いものがあまり好きではない人にとっては、これさえも嫌かもしれません。そのような方におすすめなのが、ヨーグルトに混ぜて飲むという方法です。いえ、ヨーグルトで「包む」と言ったほうがいいかもしれません。もちろんかき混ぜて飲んでも美味しいのですが、青汁の味が苦手な人は、ヨーグルトでくるんでそのままつるんと飲み込むようにすれば、青汁の苦みを感じることなく栄養を補給することができます。

最近、薬を包むゼリーが話題になった、というか、その手の商品が増えてきましたが、それと同じ要領で、青汁をヨーグルトで包んで飲み込むんですね。青汁がどうしても苦手という方でも、この方法でなら苦もなく青汁を飲むことができます。みなさんもぜひ試してみてください。

ミルクに混ぜる

これは抹茶風味の青汁のおすすめの飲み方です。抹茶風味というと、ほんのりお茶が香るくらいで、味はほとんど青汁なんだろうとご想像されるかもしれませんが、最近の「抹茶風味」の青汁は本当に抹茶のような味がするのです。後味にすこしばかり青汁の苦み、青臭さが残るくらいでしょう。ですから、この抹茶風味の青汁をミルクと混ぜると、本当に抹茶ミルクのような味になるんですね。これならお子様でも美味しく飲むことができるかと思います。

お酒と混ぜて飲む

青汁はお酒と混ぜて飲んでも美味しいです。まず青汁を作って、そこに焼酎を入れてみましょう。緑茶ハイならぬ青汁ハイの完成です。アルコールの飲みすぎはよくありませんが、毎晩すこしだけ飲むという方は、その一杯を青汁ハイにしてみてはいかがでしょうか。これが結構おいしいので、私は一時期ハマっておりました。お酒を飲む習慣のある方は、このようにお酒に混ぜて飲むようにすると、飲み忘れを防げますから、おすすめですね。

ハチミツやメープルシロップを垂らす

青汁の苦みが嫌だという方は、作った青汁にハチミツやメープルシロップを垂らすと良いでしょう。ヨーグルトで飲むのもおすすめですが、このように甘味をプラスするのもおすすめです。砂糖だとカロリーが高くなってしまいますので、上述したように、ハチミツやメープルシロップ、それから黒蜜やオリゴ糖を混ぜるとよいでしょう。

柑橘類の搾り汁を入れる

青汁の臭みが苦手な方は、レモンやグレープフルーツなど、柑橘類の搾り汁を入れるとよいでしょう。これによって臭みが軽減します。野菜ジュースのような感じで、色々なフルーツと合わせて飲んでみるのもいいかもしれませんね。ちょっと冒険にはなってしまいますが……。

以上、青汁のおすすめの飲み方をご紹介しました。青汁をこのまま続けられるかどうか不安だという方は、上記のような色々な飲み方を試してみてくださいね。