葉酸サプリってどんな効果があるの?妊婦に必要って本当?

Posted by

将来妊娠を希望している人や妊活をしている女性にとって、健康な体づくりをすることは大事です。

そんな女性にとって葉酸サプリは必須ともいえるくらい人気がありますが、実際のところどんな成分があってどんな効果があるものなのでしょうか。

まずは知ることは大事ですよね。そこで葉酸サプリのことを良く知って、健康な体づくりをしていきましょう。

葉酸サプリの成分や効果

葉酸サプリという名前であるように、主成分は葉酸です。葉酸とはビタミンBの中の1つで、水溶性ビタミンB群に属します。

この成分は体内の栄養を円滑に運ぶ効果があり、葉酸は赤血球をつくる大事な成分なのです。

妊娠しているとお腹の赤ちゃんは母親からしか栄養をとることしかできませんよね。細胞をつくることにも必要となる葉酸は、赤ちゃんにとっても大事な成分なのです。

もちろん妊娠していない場合でも葉酸が不足すると体には影響がでてきます。食欲がなくなったり口内炎ができたり、下痢をおこすなど具体的な症状もでてきます。

長く葉酸が不足していると動脈硬化になる可能性も高まるなど、葉酸は健康とは切っても切り離せない関係にあります。

つまり葉酸は妊娠している女性には特におすすめですが、妊娠していない人にも必要となる大事な栄養素なのです。

どんな葉酸サプリを選べばいいの?

葉酸サプリは多く販売されているので、どれを選べばいいのか分からなくなってしまいます。そんなときは原材料に注目して選んでください。

葉酸サプリにも種類があり、大きく分けると「ポリグルタミン酸型葉酸」と「モノグルタミン酸型葉酸」とがあります。

この2つの大きな違いは「吸収率」です。モノグルタミン酸型葉酸の方が体に入ったときにより吸収されるので、せっかく飲むなら吸収率が高い方が効果的なのでおすすめです。

この2つは同じ葉酸サプリといっても吸収率は約50%と約80%と大きな違いがありますから、しっかり見極めて購入しましょう。そしてできるだけ添加物の入っていないものを選ぶことも大事です。

サプリではなくても納豆やレバー、ホウレンソウ、ブロッコリー、イチゴなどの食品にも葉酸は含まれています。

ですが食品からだと含まれている葉酸の半分ほどしか体内で吸収できませんし、毎日たくさんの食品を食べることが必要となります。

しかし妊娠中は思うように体が動きませんし、食品の買い出しも一苦労です。特につわりがある場合は食べても吐いてしまうことがあるので、しっかり栄養が取れなくなってしまいます。

そんなときは、健康な体をつくっていける吸収率の高い葉酸サプリがおすすめです。